介護福祉士やケアマネジャーの仕事を支援するポータルサイト
きらめくケア・ナビは、文部科学省の生涯学習振興事業委託費による委託事業として、
東京未来大学福祉保育専門学校が実施した平成29年度「専修学校による地域産業中核的人材養成事業」の成果物です。

介護コラム

人と向き合い・人と接する仕事 介護以外に考えられなかった

【プロフィール詳細】
社会福祉法人三幸福祉会 杜の癒しハウス文京関口
生活相談員  

天野 育之 さん
製造業を経験し、特別養護老人ホームで3年間現場職員として従事し退職。再び介護付有料老人ホームに現場職員として復帰し、現在は生活相談員として外部対応や職員育成に従事している。趣味は釣りで、バス釣りが大好き。


 1. 前職を退職された理由は?

老人ホームで働いていた時の施設長は、年齢も若く経験の浅い方でした。私は施設長をサポートする立場で、一緒になって施設運営に携わりました。しかし経営方針について、矛盾を感じるようになりました。施設長と話し合いを重ねましたが折り合えず、退職して現場を離れることにしました。

私が介護の仕事を選択したくのは、人の役に立ちたいと想いからです。働く理由は、ただお金を貰えれば良いというモノではありません。最高のサービスを提供して利用者様やご家族に「ここに来てよかった」と心から感じていただけることが大事だと思います。この利用者様やご家族の幸せを第一に考えて働けることを大切にしています。


2. 有料老人ホームを退職して、再就職も介護業界です。その理由は?

介護業界以外の選択肢があったのも事実です。経験のある製造業も考えたのですが、機械ではなく人と向き合いたいとの想いがありました。人との向き合い・人と接する仕事と考えた結果、やはり介護以外は考えられませんでした。

人と向き合う仕事では、介護以外のサービス業があるのも事実です。その中で私が再び介護業界を選択した理由は、純粋に介護の仕事が好きだから。最初は覚えることも多くてとても大変でしたが、仕事を覚えると利用者様との会話や、触れ合う時間も多く取れるようになりました。

利用者様との会話・接する内容は毎日変わり、とても新鮮です。何かある度に「ありがとうね」という言葉が聞ける、素敵な仕事です。大袈裟かもしれませんが、私にとって介護の仕事は天職だと想い、再び介護業界で働こうと思いました。


3. 前職の有料老人ホームと、現在の仕事で「対利用者様」という視点で違いはありますか?

以前は「介助」がメインでした。現在は「介助+接遇」ということで、その方に合ったケアをしていく部分が異なっています。三幸福祉会では利用者様を「ファミリー」とお呼びしており、ファミリーの皆様には常に感謝の気持ちを持って仕事をしています。


4. 目標にしていることはありますか?

職員が働きやすい職場創りの構築です。現在は相談員として勤務しています。私は職員が働きづらいと感じている時は、何かしらの悩みを抱えている時だと考えています。

スタッフルームが暗い雰囲気だと、誰にも相談できません。そのまま悩みを抱え込んでしまいます。そこで「相談しやすい環境」ができれば、悩みを共有し、解決へ導くことができます。職員全員が活き活きと働くことができる職場が、本当に働きやすい職場です。

そこで小さなことでも声を掛け合って、メンバーが一人になることがないようにしています。職員あっての施設運営であり、これが離職率の低下にも繋がっていくと信じています。


5. 再び介護業界を目指す人たちへ

仕事の経験があっても、ブランクがあり不安に感じることが多いと思います。でも勇気を出して、まずは1歩を踏み出して欲しいです。そして声を掛け合いながら、共に励まし合い、共に成長していきましょう。


保育士のお仕事探しを支援
介護求人.com 三幸福祉カレッジ 介護施設専門研修サイト

あと10秒で閲覧できます

無料会員登録で待ち時間なしで閲覧できます!

無料会員登録はこちら